医師の方が製薬会社へと転職するにあたり、医師免許があったとしても決してその道のりは「簡単では」ありません。外資系企業が多い製薬業界では、高いスキルマッチングを求められる場合が多く、企業が求めているものを持っていない場合にはスキルや経験が高くても落とされてしまうことも決して珍しくありません。



高いスキルや経験が必ずしも必要なわけでもない

しかし、これを逆に見れば高いスキルや経験が必ずしも必要なわけでもない、とも取る事ができます。 もちろん、一定ライン以上のスキルは必要にはなりますが、企業と相性さえ合ってしまえばすんなりと入れてしまうこともよくあるのです。 さて、それではここでいう一定ラインというのはどのようなものを差すのか、簡単にご紹介していきたいと思います。まず、できれば臨床内科医としての経験が5年以上、専門領域で3年以上の経験があれば大抵の場合は歓迎されることでしょう。また、臨床経験がないMDというのはほとんどいないと思ってもらっても結構です。



 

注目されるキャリア

続いて、研究医としてのキャリアもよく注目されます。過去の論文や、プロジェクト遂行能力等も含め、複合的な能力が見られることでしょう。 その他、一定以上の語学力やコミュニケーション力など、ヒューマンスキルを確認されることが少なくありません。見た目の雰囲気等もある程度重要なファクターとされていますので、そういったプラスアルファの部分にも一定の重点を置いた対策をすることが一つのポイントと言えるでしょう。