医師の皆様で、製薬会社への転職を一度も考えたことがない方というのは、少なくないのではないでしょうか。 時間外勤務やフリーラジカルが過度に溜まりそうな経験をされた方もたくさんいらっしゃると思います。MDへの転職を考えた場合にどうしても外すことのできないスキルが一つあるのですが、それが語学能力です。中でも特に英語のスキルは必須といっても過言ではないでしょう。 製薬会社というのは、例え日系企業であったとしても国内で完結しているようなものではありません。 絶えず英語と触れあう機会があるため、「少しぐらい英語ができる」というのでは太刀打ちできないのです。



英語に関しても転職エージェントに相談

何より、面談の段階で英語のスキルについて確認されることも多く、英語のみである程度ディスカッションが可能なレベルに立って、初めて転職先として検討することができるのです。 ましてや、外資系の多い製薬業界ですから、外国の方と話す機会が多く、海外勤務をすることになる場合というのも少なくありません。逆に言えば、海外での勤務を希望されている方や、留学経験等がある医師の方にとってはこの上なく好条件の転職先になるのかもしれません。 いずれにしても、転職先として検討されるのであれば、転職エージェントやコンサルタントにしかるべき相談をされることをお勧めします。