医師として勤務されている皆様にとって、大きく環境が異なる場所へキャリアチェンジすることを検討することは一つの大きな決断と言えます。勤められている環境によって大きく変わってくるのでしょうが、比較的時間外労働が多い傾向にあることや、休日が不規則になること、当直なども出て来るため労働時間自体も不規則になりがちです。そのため、どうしても私生活に身が入らず、困る方も少なくありません。 やりがいのある仕事、キャリアアップが見込める仕事なだけに、なかなか大きなキャリアチェンジを考える方は少ないのではないでしょうか。



メディカルドクターへの選択肢

しかし、臨床経験や語学スキル、専門領域の経験等をある程度お持ちの医師の方であれば、それらのキャリアを活かし製薬会社でメディカルドクターになるという選択肢もあります。 外資系企業の多いこの業界ですが、一般的には給与も多く、病院勤務の頃と比較すれば平均数百万程度は年収の増加が見込めるようです。退職金等は日系企業と比較した場合に減収となる可能性は高いのですが、そこまでを加味してプランニングされるのであれば、医師の資格を活かすことのできる魅力的な選択肢の一つとしてご検討いただくことができるのではないでしょうか。