MDを目指すなら英語は必須

現在の職場環境に辟易としてしまい、今迄とは違ったキャリアプランを検討される医師の方にとって、製薬会社におけるメディカルドクターというのは条件的に見ても非常に魅力的な転職先に映るのではないでしょうか。


魅力的なMDという仕事

基本的には土日祝がお休みにあてられている為、休日にはゆっくりと過ごすことができます。 また、様々な手当等が出ることも多く、収入自体が医師として病院勤務を行っていた頃と比べて年収あたり数百万程度上がられた方も少なくありません。そんな魅力的なMDという仕事ですが、もし目指すならば臨床内科医として5年以上、専門医としても内3年以上の経験が必要になってまいりますが、同時に英語も必須項目となってきます。



引く手数多の大人気な職種の一つ

もし多少なりとも英語のできる方であれば、目指す価値のある転職先となるでしょう。また、英語が苦手という方であっても、転職における準備期間を充分に取り、長期的に準備を行えば決して不可能ではありません。 実際のところ、MDの求人というのは引く手数多の大人気な職種の一つ。また、需要と供給がバランスよくとれているため、売り手にも買い手にも偏りがありません。一度就かれた方が長く続けるのも特徴の一つです。 そういった面から見て、MDを目指す場合には最低でも半年以上の転職活動期間を設けている方が多いようです。

製薬会社の大半は外資系である

医師の皆様で、製薬会社への転職を一度も考えたことがない方というのは、少なくないのではないでしょうか。 時間外勤務やフリーラジカルが過度に溜まりそうな経験をされた方もたくさんいらっしゃると思います。MDへの転職を考えた場合にどうしても外すことのできないスキルが一つあるのですが、それが語学能力です。中でも特に英語のスキルは必須といっても過言ではないでしょう。 製薬会社というのは、例え日系企業であったとしても国内で完結しているようなものではありません。 絶えず英語と触れあう機会があるため、「少しぐらい英語ができる」というのでは太刀打ちできないのです。



英語に関しても転職エージェントに相談

何より、面談の段階で英語のスキルについて確認されることも多く、英語のみである程度ディスカッションが可能なレベルに立って、初めて転職先として検討することができるのです。 ましてや、外資系の多い製薬業界ですから、外国の方と話す機会が多く、海外勤務をすることになる場合というのも少なくありません。逆に言えば、海外での勤務を希望されている方や、留学経験等がある医師の方にとってはこの上なく好条件の転職先になるのかもしれません。 いずれにしても、転職先として検討されるのであれば、転職エージェントやコンサルタントにしかるべき相談をされることをお勧めします。

  • 1

Copyright © 医師の転職で製薬会社が増えている理由 2017 All Rights Reserved.