製薬会社へ転職する際のコツ

医師の方が製薬会社へと転職するにあたり、医師免許があったとしても決してその道のりは「簡単では」ありません。外資系企業が多い製薬業界では、高いスキルマッチングを求められる場合が多く、企業が求めているものを持っていない場合にはスキルや経験が高くても落とされてしまうことも決して珍しくありません。



高いスキルや経験が必ずしも必要なわけでもない

しかし、これを逆に見れば高いスキルや経験が必ずしも必要なわけでもない、とも取る事ができます。 もちろん、一定ライン以上のスキルは必要にはなりますが、企業と相性さえ合ってしまえばすんなりと入れてしまうこともよくあるのです。 さて、それではここでいう一定ラインというのはどのようなものを差すのか、簡単にご紹介していきたいと思います。まず、できれば臨床内科医としての経験が5年以上、専門領域で3年以上の経験があれば大抵の場合は歓迎されることでしょう。また、臨床経験がないMDというのはほとんどいないと思ってもらっても結構です。



 

注目されるキャリア

続いて、研究医としてのキャリアもよく注目されます。過去の論文や、プロジェクト遂行能力等も含め、複合的な能力が見られることでしょう。 その他、一定以上の語学力やコミュニケーション力など、ヒューマンスキルを確認されることが少なくありません。見た目の雰囲気等もある程度重要なファクターとされていますので、そういったプラスアルファの部分にも一定の重点を置いた対策をすることが一つのポイントと言えるでしょう。

 

製薬会社へのキャリアチェンジ

医師として勤務されている皆様にとって、大きく環境が異なる場所へキャリアチェンジすることを検討することは一つの大きな決断と言えます。勤められている環境によって大きく変わってくるのでしょうが、比較的時間外労働が多い傾向にあることや、休日が不規則になること、当直なども出て来るため労働時間自体も不規則になりがちです。そのため、どうしても私生活に身が入らず、困る方も少なくありません。 やりがいのある仕事、キャリアアップが見込める仕事なだけに、なかなか大きなキャリアチェンジを考える方は少ないのではないでしょうか。



メディカルドクターへの選択肢

しかし、臨床経験や語学スキル、専門領域の経験等をある程度お持ちの医師の方であれば、それらのキャリアを活かし製薬会社でメディカルドクターになるという選択肢もあります。 外資系企業の多いこの業界ですが、一般的には給与も多く、病院勤務の頃と比較すれば平均数百万程度は年収の増加が見込めるようです。退職金等は日系企業と比較した場合に減収となる可能性は高いのですが、そこまでを加味してプランニングされるのであれば、医師の資格を活かすことのできる魅力的な選択肢の一つとしてご検討いただくことができるのではないでしょうか。

医師が製薬会社を目指す理由

近年、医師の方が製薬会社を転職先として選ばれることが増えてきております。そういった動向の背景には様々な理由がありますが、大きな理由をもし一つ挙げるとするならばQOML(Quality of My Life/Medical staffs‘ Lifeの略)が向上することが言えるのではないでしょうか。 簡単に言ってしまえば、病院に勤めていた時と比較した場合、プライベートを充実させるための様々なファクターが満たされる可能性が高いのです。



働きやすい環境

製薬会社で勤務した場合は、臨床医と違い当直やオンコール対応といった事はありません。土日祝日も大抵の場合は休日に指定されており、有給休暇なども取り易い環境となっています。 勿論、勤める以上は多少の残業対応をする機会もあるでしょうが、いつもあるわけでもありません。 多くの企業では、フレックス制度が導入されており、その他にも研究日という自由度の高い日が設定されていたり、或いは臨床勤務が許可される会社も少なくありません。会社に勤めながらも、臨床スキルを保持しつづけることも可能となるのです。医師本来の責務を忘れないでいるための訓示にもなるはずです。 その他にも、学会参加が公務扱いになるなど、枚挙に暇がありません。もちろん、こういったポジティブな話ばかりにはなりませんが、少なくとも「生活を充実させたい」と考えている方にとっては、魅力的に見えることは間違いないでしょう。

臨床内科医なら即戦力になれる

忙しい日々を送っている医師の方におって、QOL自体を向上させることはキャリアプランにおける中期以降如実のその傾向が出てくるのではないかと感じますが、そういった方にとって基本的に好条件であることが多い製薬企業への転職は、転職するための条件をクリアしていれば入りたいと考えている医師の方も少なくありません。



なかなか表に出にくい製薬企業求人

製薬企業に入られた医師の方は、基本的に長続きしており、需要と供給のバランスは今のところ安定が保たれているようですので、一般的にはあまり求人情報自体が表に出てくる事がないという状況です。 そういった企業とのパイプを持つ転職斡旋企業の幾つかが、非公開の求人案件として抱えていることも多く、そういった場所と最初に上手く繋がることができるかどうか、というのも転職を成功させる条件となるでしょう。



製薬企業への転職が人気な理由

さて、転職されるにあたり経験豊富な臨床内科医の方であれば、製薬企業を目指されるのをおすすめします。 給与も年収ベースで数百万以上上がることが考えられますし、何より休日等が安定していること、勤務条件全般が非常にゆるく、手厚いのです。臨床内科医で経験豊富ということであれば、企業に入っても即戦力として高待遇で迎えていただける可能性も高いでしょう。

 

臨床医なら製薬企業を目指すのも手

臨床医転職と聞いて一番最初に思い浮かぶのは製薬企業への転職ではないでしょうか。 といいますのも、まず製薬会社へ転職する際に一番ネックとなってくるのがキャリアの中でも臨床経験であるからです。 最低でも経験が5年以上、専門領域に関しても3年以上は経験が欲しいと思われるハードルを最初に越えていれば、その後の展開は非常に楽なものです(語学能力も必須です)。


 

製薬会社の多くが外資系

製薬会社と言えば多くの場合は外資系企業になってしまうため、選考基準としては従来の日本式とは少し違ってきます。日本であればキャリアをクリアしていれば大抵の場合問題なく通る可能性が高くなりますが、外資系企業になってくると従来の条件に加え「企業とのマッチング力」が更にみられます。 一言でいえばウマが合うかどうか、ということになりますが、その辺りに関しては転職活動を行う際にプロの転職コンサルタント等に相談されるのがいいのではないでしょうか。



クオリティの高いコンサルタントに相談

近年、クオリティの高いコンサルを行う企業も増えているようですので、信頼できる場所を探されるのもいいと思います。 製薬会社に入ると言う事は高収入を得る大きなチャンスでもありますので、ご自身の描いていたキャリアプランから大きく外れることがないのであれば、製薬企業への転職を目指してみるのも一つの手のように思います。

  • 1

Copyright © 医師の転職で製薬会社が増えている理由 2017 All Rights Reserved.