医師が製薬会社を目指す理由

近年、医師の方が製薬会社を転職先として選ばれることが増えてきております。そういった動向の背景には様々な理由がありますが、大きな理由をもし一つ挙げるとするならばQOML(Quality of My Life/Medical staffs‘ Lifeの略)が向上することが言えるのではないでしょうか。 簡単に言ってしまえば、病院に勤めていた時と比較した場合、プライベートを充実させるための様々なファクターが満たされる可能性が高いのです。



働きやすい環境

製薬会社で勤務した場合は、臨床医と違い当直やオンコール対応といった事はありません。土日祝日も大抵の場合は休日に指定されており、有給休暇なども取り易い環境となっています。 勿論、勤める以上は多少の残業対応をする機会もあるでしょうが、いつもあるわけでもありません。 多くの企業では、フレックス制度が導入されており、その他にも研究日という自由度の高い日が設定されていたり、或いは臨床勤務が許可される会社も少なくありません。会社に勤めながらも、臨床スキルを保持しつづけることも可能となるのです。医師本来の責務を忘れないでいるための訓示にもなるはずです。 その他にも、学会参加が公務扱いになるなど、枚挙に暇がありません。もちろん、こういったポジティブな話ばかりにはなりませんが、少なくとも「生活を充実させたい」と考えている方にとっては、魅力的に見えることは間違いないでしょう。

臨床内科医なら即戦力になれる

忙しい日々を送っている医師の方におって、QOL自体を向上させることはキャリアプランにおける中期以降如実のその傾向が出てくるのではないかと感じますが、そういった方にとって基本的に好条件であることが多い製薬企業への転職は、転職するための条件をクリアしていれば入りたいと考えている医師の方も少なくありません。



なかなか表に出にくい製薬企業求人

製薬企業に入られた医師の方は、基本的に長続きしており、需要と供給のバランスは今のところ安定が保たれているようですので、一般的にはあまり求人情報自体が表に出てくる事がないという状況です。 そういった企業とのパイプを持つ転職斡旋企業の幾つかが、非公開の求人案件として抱えていることも多く、そういった場所と最初に上手く繋がることができるかどうか、というのも転職を成功させる条件となるでしょう。



製薬企業への転職が人気な理由

さて、転職されるにあたり経験豊富な臨床内科医の方であれば、製薬企業を目指されるのをおすすめします。 給与も年収ベースで数百万以上上がることが考えられますし、何より休日等が安定していること、勤務条件全般が非常にゆるく、手厚いのです。臨床内科医で経験豊富ということであれば、企業に入っても即戦力として高待遇で迎えていただける可能性も高いでしょう。

 

  • 1

Copyright © 医師の転職で製薬会社が増えている理由 2017 All Rights Reserved.