臨床医転職と聞いて一番最初に思い浮かぶのは製薬企業への転職ではないでしょうか。 といいますのも、まず製薬会社へ転職する際に一番ネックとなってくるのがキャリアの中でも臨床経験であるからです。 最低でも経験が5年以上、専門領域に関しても3年以上は経験が欲しいと思われるハードルを最初に越えていれば、その後の展開は非常に楽なものです(語学能力も必須です)。


 

製薬会社の多くが外資系

製薬会社と言えば多くの場合は外資系企業になってしまうため、選考基準としては従来の日本式とは少し違ってきます。日本であればキャリアをクリアしていれば大抵の場合問題なく通る可能性が高くなりますが、外資系企業になってくると従来の条件に加え「企業とのマッチング力」が更にみられます。 一言でいえばウマが合うかどうか、ということになりますが、その辺りに関しては転職活動を行う際にプロの転職コンサルタント等に相談されるのがいいのではないでしょうか。



クオリティの高いコンサルタントに相談

近年、クオリティの高いコンサルを行う企業も増えているようですので、信頼できる場所を探されるのもいいと思います。 製薬会社に入ると言う事は高収入を得る大きなチャンスでもありますので、ご自身の描いていたキャリアプランから大きく外れることがないのであれば、製薬企業への転職を目指してみるのも一つの手のように思います。